FC2ブログ

「高槻なつメロくらぶ」は10月に設立しました

”さろん昭和40ねん”の「なつメロの日」は平成26年9月14日(日)で終了しました。 歌声喫茶、なつメロ、昭和歌謡、洋楽、ポップス、ライブ等、幅広い各ジャンルで 合理的なお店で、「なつメロの日は多数のなつメロ(各集会より)フアンが高槻に集まり 楽しませて頂きました。本当に有難うございました。 高槻へ沢山の懐メロフアンが来られているので、高槻のなつメロを残したいとの思いで、 有志の皆さまのご協力を得て、高槻のなつメロ集会を立ち上げました高槻なつメロくらぶ」とし命名しました。当面の会員は20名前後です。 このブログご覧の皆さま、今後とも宜しくお願いいたします。 高山右近像 私達のような なつメロ集会は数多くありますが、ほとんどの方が若い時から歌謡曲のお好きな方ばかりだが、實琳は違う。「若い時から仕事一本!」そら嘘やろ。歌謡曲には興味がない。父や兄達はレコード買ってきては大型蓄音機でならす。電蓄でもないのにかなり音響があったように思う。 二男の兄は「岡 晴夫」の大ファンになっていた。大劇へ岡晴の実演に通う。何が楽しいんやろか。ふん・・・私は鼻で笑っていた。實琳の子供時分から「岡晴」の曲が”耳にタコ”こびり付いている。考えてみれば70年間も岡晴の曲を聴かされていている。覚える気もない。勿論唄う気もない。家族旅行で車を乗せてもらうと車内は岡晴の曲ばかり鳴っている・・・。あゝ・・・つまらへん。・・・と思っていたのだが・・・・・現在は・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント